独自開発の企業秘密2、40万相当!

(0 のコメント)

明らかに: 携帯電話を使用してアカウントを自動的に保持し、財務を簡単に管理する方法

携帯電話を 2 回タップするだけでアカウントを自動的に記録できると考えたことはありますか?これはSFではありません、これは現実です!今回は、総額40万までの自動会計指示の原理を明らかにします。

シャオ氏の著書では、累計販売部数2万部を記録した自動会計指導書が大きな注目を集めた。このコマンドは、電話機の背面をダブルクリックした後、画面上で消費量と種類を自動的に識別し、アカウントを自動的に記録します。会計データは多次元のテーブルやダッシュボードを通じて携帯電話や PC に表示できるため、財務管理が一目で明確になります。

では、この魔法の指示はどのように実行されるのでしょうか?実際、これは Apple 携帯電話の「タッチ」補助機能の「タップバック」に依存しています。 2 回のタップで実行されるクイック会計コマンドを設定することで、簡単に自動会計を実装できます。

次に、このショートカット コマンドの作成プロセスを詳しく分析します。まず、多次元テーブルにデータを追加するためのインターフェイスに入力する必要があります。次に、スクリーンショット機能をトリガーし、定期的な照合を通じて画面上の金額を識別します。認識された金額の数に応じて、命令は対応する処理を実行します。金額が認識されない場合、ユーザーは入力を求められ、1 つ以上の金額が認識された場合、ユーザーが選択した金額が保存されます。次に、コマンドはユーザーに会計タイプ (支出または収入)、および特定の消費または収入のタイプを選択するよう求めます。最後に、インターフェイスを呼び出すことによって、これらのデータが Feishu の多次元テーブルに追加されます。

これを聞いて、あなたはすでにこの会計指示を自分で作ってみたいと思っていますか?心配しないでください。詳細な制作チュートリアルが用意されています。ショートカットコマンドアプリを開いて手順に沿って操作を追加するだけで、簡単にこの会計コマンドの作成が完了します。さらに、最初から作成しなくても、すでに作成された会計指示を直接インポートできる共有リンクも提供します。

次に、このコマンドの効果を確認してみましょう。 「設定」を開き、「アクセシビリティ」を見つけて「タッチ」をタップし、「Assistive Touch」をタップします。カスタムのトップレベル メニューで、作成したばかりのアカウンティング コマンドを見つけます。補助タッチ ボタンをタップして会計指示をトリガーできるようになりました。とても便利ではないでしょうか?

この自動会計コマンドを使用すると、自分の財務管理がより簡単になり、会計がシンプルかつ効率的になります。もっと最先端のプログラミング知識や実践スキルを知りたい方はぜひフォローを忘れずに!次回お会いしましょう!

現在評価されていません

コメント


現在コメントはありません

コメントする前にログインしてください: ログイン

最近の投稿

アーカイブ

2024
2023
2022
2021
2020

カテゴリー

タグ

著者

フィード

RSS / 原子