タイのソンクラーン祭りを子供たちと一緒に体験する理由

(0 のコメント)

水しぶき祭りカーニバル:子供の頃の涼しさと笑いを取り戻す

暑い夏の日に、のんきな子供時代に戻って、友達と遊んだり、涼しい水しぶきカーニバルを楽しんだりすることを夢見たことがありますか?タイのソンクラーン祭りでは、そんな夢が現実になります。

街路や路地で、さまざまな水鉄砲やバケツを持った何十人、何百人もの人々が、大人も子供も笑いと笑いに浸っていることを想像してください。水しぶきがあちこちに飛び散り、みんなの顔には幸せな笑顔があふれていました。これは単に水の饗宴であるだけでなく、私たちが人生の悩みを一時的に忘れ、無垢な時代に戻ることを可能にする魂の洗礼でもあります。

「ソンクラーン祭りが始まります。今日のインク祭りは、バンコクの春の花の出発と一致します。」 陽気なリズムとともに、私たちはこの祭りに参加しました。街の隅々まで水の香りが漂い、誰もがカーニバルの雰囲気に浸っています。ご覧のとおり、子供は水鉄砲で友達を「攻撃」し、大人は通行人にバケツをかけています。まるで世界中が喜びに満ちているかのように、誰もがお互いに遊んでいます。

「ポップコーンを売ったばかりです。キャビネットは避難所として使用され、何も売れませんでした。個人がそこに行ったところ、水しぶきを浴びせられました。このような光景は、水しぶき祭りのいたるところで見られます。」 「水爆」攻撃を避けるため、全員で掩蔽壕を探し、通りの両側の商店も一時的な「安全避難所」となった。ここでは、人々を笑わせるさまざまな奇妙な「戦闘」シーンを見ることができます。

ソンクラーン祭りには、水しぶきのほかにも興味深いアクティビティがたくさんあります。たとえば、通りや路地では、さまざまな山車が練り歩き、車に乗った人々が通行人に祝福の水を掛けている様子が見られます。これらの山車はタイの伝統文化を紹介するだけでなく、祭りに華を添えます。また、タイの美味しい軽食もいろいろと味わえ、この国ならではの魅力を感じることができます。

「ハミダはまた水に入った。みんな携帯電話で写真を撮ったり、一緒に歌ったりした。私はタイのスターだ。ソンクラーン祭りのカーニバルでは、誰もが自分の心のスターになれる。」どの国や民族から来ても、このカーニバルに参加する意欲があれば、無限の幸福を感じることができます。

夜がふけるにつれて、水しぶき祭りのカーニバルは徐々に終わりを迎えます。しかし、その幸福と無邪気さは永遠に私たちの心の中に残ります。ホテルに戻り、ふかふかのベッドに横たわって今日のことを思い出すと、のんきな子供時代に戻ったような気がします。

水かけ祭りは単なるお祭りではなく、心の旅でもあります。人生の悩みを一時的に忘れ、無邪気な時代に戻り、友人たちとクールな水しぶきカーニバルを楽しむことができます。子供の頃の楽しさを取り戻したいなら、タイに来てソンクラーン祭りに参加してみるのもいいかもしれません。

現在評価されていません

コメント


現在コメントはありません

コメントする前にログインしてください: ログイン

最近の投稿

アーカイブ

2024
2023
2022
2021
2020

カテゴリー

タグ

著者

フィード

RSS / 原子