リモートで働きたくない - でこぼこした旅からキャリア発見まで

(0 のコメント)

会計士からデジタルノマドへ:「感じる」キャリアを追求する

仕事に行き詰まって、自分の本当の情熱を追求したいと思ったことはありますか?私の話があなたにインスピレーションを与えるかもしれません。

大学時代は厦門大学の会計学科で学びました。しかし、初日から自分にはこの職業は向いていないと感じました。そこで、ミルクティーショップをオープンしたり、スタジオを構えたり、撮影台を立ち上げたり、経理とはまったく関係のないことに必死で挑戦し始めました。 4年生の時、秋採用を全く無視して新卒で3人しかいない小さな会社に入社することになりました。給料はわずかでしたが、私はそこで今までにない幸せを見つけました。

その会社では、プロダクト マネージャー、UI デザイナー、運用など、さまざまな役割を担っていました。私たちは世界で最もクールな出版 SARS の作成に取り組んでいます。浙江大学と山東大学の出版学長が私たちの簡素なオフィスにやって来て、私たちの製品インターフェースを見たとき、彼らの目は輝きました。その時は、薄給のことなどすっかり忘れて、大きな達成感に浸っていました。

その後、私は深センに移り、ある会社のプロダクトリーダーになりました。あらゆる知識を詰め込んで自分磨きに励み、すぐに目覚ましい成果を上げました。しかし、時間が経つにつれて、徐々に仕事がつまらないと感じ、キャリアネックの時期に突入してしまいました。

新しい挑戦を求めて、ByteDance に入社し、プロダクト マネージャーになりました。同僚はとても親切でしたが、仕事内容が退屈だと感じていました。私は考え始めました:これは私が望む人生ですか? 10年後、私はどこにいるでしょうか?

そこで私は、転職してコンサルタントになるという、理解できない決断をしました。しかし、その移行はスムーズではありませんでした。私は惨めで場違いだと感じました。ある心理カウンセリングまで、カウンセラーは私がなぜ自分が十分ではないと感じているのかを尋ねました。私は「これまでコンサルティングをしたことはありませんでした。」と答えました。しかし、彼は突然ひらめきました。「これがあなたの利点になる可能性はありますか?」私は自分を偽ることをやめ、本当の自分を見せるようになり、商品化チームの中ですぐに頭角を現しました。

しかし、そこで終わりではありませんでした。自分の本当の情熱を追求するために、私はバイトダンスを辞めてデジタル遊牧民になりました。全社員リモートワークを導入した会社に入社し、自由な生活が始まりました。住む場所を自由に選ぶことができ、生活費を抑えながら高い給料を得ることができます。しかし、時間が経つにつれて、このライフスタイルは私には完全に適していないことがわかりました。私が望んでいたのは、単なるリモートの仕事ではなく、ポジティブなフィードバックを安定して得られるキャリアでした。

そこで私は起業し、友人たちとハードウェア製品を作りました。このプロセスは挑戦と楽しみに満ちています。同時に、より多くの人が嫌いな仕事から解放され、本当に満足できるキャリアを見つけることができるよう支援する方法についても考え始めました。私は自分の経験を共有し、より多くの人たちとこの問題を探求することにしました。

これは私の話です。会計士からデジタルノマドまで、私は自分の本当の情熱を追求してきました。今、この情熱をあなたに伝えます。あなたも私と一緒にその「感じる」キャリアを探求し、追求してみませんか?

現在評価されていません

コメント


現在コメントはありません

コメントする前にログインしてください: ログイン

最近の投稿

アーカイブ

2024
2023
2022
2021
2020

カテゴリー

タグ

著者

フィード

RSS / 原子