独自に開発した企業秘密、40万の価値あり!

(0 のコメント)

40万元相当の自動会計ツール公開:携帯電話タップで会計を実現するには?

携帯電話の背面を 2 回タップするだけで会計がこんなに簡単になると思ったことはありませんか?今日、私たちが公開するのは、このような最大40万元相当の自動会計ツールで、シャオ氏の著書が2万部という奇跡の売り上げを達成しただけでなく、消費管理の新たなトレンドを先導した。

今日、消費の格下げに伴い、人々は消費の管理にますます注目しており、簿記はすべての人の日常生活において重要な業務となっています。このニーズを解決するために誕生したのがこの自動会計ツールです。

では、このツールのセールスポイントは何でしょうか?まず、インストールは必要ありません。携帯電話の背面を 2 回タップするだけで、自動会計機能が起動します。次に、画面上で現在の消費量を自動的に識別し、自動会計の消費タイプを選択できるようにします。最後に、会計が成功すると、携帯電話または PC 上の多次元テーブルまたはダッシュボードを通じて会計の内容を詳細に表示できます。

では、この魔法のツールの具体的な実装プロセスを公開しましょう。多次元テーブルとダッシュボードはどのように実装されていますか?これは飛秀クラウドドキュメントの多次元テーブル機能を利用していることが分かりました。 Feishu Cloud ドキュメント内に会計フォームとダッシュボードを作成して、各取引の詳細、金額の種類、日付、その他の情報を記録できます。ダッシュボードでは、コンポーネントを追加し、グラフを選択し、会計表をデータ ソースとして指定することで、データを視覚的に表示できます。

次に、ユーザーが電話の背面をタップして自動会計をトリガーすると、データが会計テーブルに挿入できるようにインターフェイスを実装する必要があります。このインターフェイスは、Feishu のロボット アシスタントによって提供されるロボット命令を通じて実装できます。新しいディレクティブを作成し、WEBHOOK トリガーを選択し、インターフェイスのパラメーターを定義するだけです。インターフェイスが呼び出されると、対応するデータを会計テーブルに挿入できます。

これで、会計フォーム、ダッシュボード、インターフェイスが正常に作成されました。では、電話の背面をダブルクリックして金額を特定し、インターフェイスを呼び出してデータを送信するにはどうすればよいでしょうか?この秘密は次回のエピソードで公開しますので、お楽しみに!

つまり、この自動会計ツールは会計プロセスを簡素化するだけでなく、Feishu Cloud Document や Robot Assistant などの先進テクノロジーを通じて、効率的で便利なデータ管理とビジュアル表示を実現します。さらに最先端のプログラミング知識や実践的なツールを学びたい方は、ぜひフォローして一緒にテクノロジーの魅力を探求してみてはいかがでしょうか!

現在評価されていません

コメント


現在コメントはありません

コメントする前にログインしてください: ログイン

最近の投稿

アーカイブ

2024
2023
2022
2021
2020

カテゴリー

タグ

著者

フィード

RSS / 原子