Independent Development Monetization Weekly (Issue 105): 年間収益 120 万ドルの写真ツールを開発する

(0 のコメント)

AI動画まとめ

ゼロから数百万へ: この AI ツールは電子商取引の写真のゲームをどのように変えますか?

素晴らしい製品を持っていると想像してください。しかし、高品質の製品写真を撮るのは難しいことです。高コストと熾烈な競争は、多くの電子商取引販売者が直面する共通の課題です。しかし、そのすべてを変えるツールがあります。

Blend と呼ばれるこの AI デザインおよび写真ツールは、vb ブランドの創設者によって作成されたソリューションです。彼らの本来の意図は何でしょうか?どのようにしてこのアイデアを少しずつ現実化し、最終的に年収 120 万ドルという偉業を達成したのでしょうか?

すべては2021年3月から始まります。電子商取引の販売者が商品写真に苦労していることに気づいた彼らは、プロセスを簡素化するツールを作成することにしました。ブレンディングは、AI テクノロジーを使用して自動的に背景を削除し、最適な背景を選択してユーザーに優れた視覚効果を提供します。

「私たちは莫大な投資をすることなく、写真のようなコンテンツを世界中の起業家に提供しています」と創設者らは語ります。現在、ブレンドは東南アジアとラテンアメリカでトップ 3 のデザイン アプリケーションとなり、月あたり 30% 以上の割合で成長を続けています。

では、彼らはどのようにしてこのアイデアを思いついたのでしょうか? 「正直に言うと、このビジネスを始めると決めるまでは、あまり考えていませんでした」と創設者は認めた。しかし、一度アイデアを思いついた後は、それを勇敢に追求し、それを実現するのに役立つ経験豊富な人材を見つけました。

ブレンドの誕生は順風満帆ではありませんでした。初期段階で、彼らはユーザーが直面する大きな課題、つまり製品写真から背景を削除し、均一な色に置き換えることを特定しました。そこで彼らは、このコア機能に焦点を当て、シンプルでありながら効果的なものにすることにしました。

典型的な起業家物語とは異なり、ブレンドの初期費用は非常に低く、明確な収益目標はありません。ユーザーの共感を呼び、ユーザーのニーズを満たすツールを作成することに重点を置いています。潜在的なユーザーにアプローチし、コミュニティ感覚を構築し、Facebook や WhatsApp グループを通じてフィードバックを収集することで、彼らは徐々に優れた製品を構築していきました。

彼らもまた、起業する過程で多くの貴重な経験を学びました。 1つ目は「思いついたことはやってみよう。やらなければ後悔する」という諦めない精神、2つ目はユーザーのことを深く掘り下げて気を配ることの大切さです。問題自体: 「問題に注意を払い、ユーザーと関わる限り、繰り返しを繰り返し、より良い解決策を考え出すことができます。」

現在、ブレンドは目覚ましい成果を上げています。彼らはオーガニックトラフィック、口コミマーケティング、SEO、広告などのさまざまな戦略を通じてユーザーを獲得し、成長を維持しています。同時に、電子商取引マーケティングやグラフィックデザインにおいてインフルエンサーと積極的に協力し、アプリケーションを宣伝し影響力を拡大しています。

この物語は私たちに何を伝えますか?まず、アイデアがある場合はそれを実行し、次にユーザーのことを深く掘り下げて問題そのものに焦点を当て、決して諦めずに努力を続けます。創業者の言葉通り、「人はどこかから始めなければなりません。始めなければ、何が起こるか決してわかりません。この可能性の海に飛び込まなければなりません。」ブレンドは確かな一歩を踏み出しました。そして夢を実現しました。あなたはどうですか?この海に飛び込んで冒険を始める準備はできていますか?

現在評価されていません

コメント


現在コメントはありません

コメントする前にログインしてください: ログイン

最近の投稿

アーカイブ

2024
2023
2022
2021
2020

カテゴリー

タグ

著者

フィード

RSS / 原子