【大企業のデメリットについて】この世では二度と行きません

(0 のコメント)

なぜ大企業には二度と行きたくないのですか?

かつて、私は夢を持って大企業の入り口に足を踏み入れました。誰もが欲しがる給与パッケージ、充実した福利厚生制度、そして無限の成長の余地があるように見えます。しかし、時間が経つにつれて、私はその環境にますます不快になることに気づきました。今日は、ジョークと本からのインスピレーションを通して私の見解を話したいと思います。

ジョークは次のとおりです。人は妊娠 10 か月で子供を産むことができますが、10 人が 1 か月で子供を出産できるとしても、それは神話です。つまり、子どもが生まれるほどの巨大プロジェクトの場合、人員を増やして工期を短縮することは不可能なのです。このジョークは私が作ったものではなく、ソフトウェア エンジニアリングの分野で非常に有名な本、「The Mythical Man-Month」から来ています。この本は、時間と労働力は単純に交換できないことを教えてくれます。多くの分野において、これは揺るぎない真実です。

大企業ではこのことを深く理解しています。プロジェクトを 100 人で行う場合、1 年かかる場合もあります。しかし、200人になると10年かかっても完成しないかもしれません。人数が増えるとコミュニケーションが複雑になり、調整が難しくなるからです。誰もが他の人の仕事を理解し、他の人の進歩を待つ必要があり、さまざまな些細な問題に対処する必要があります。こういった些細なことが原因で、プログラミングそのものに集中できず、ものづくりの楽しさを味わうことができません。

プログラミングの楽しさは、他の人に役立つものを作ることにありますが、苦痛は、他人に依存すること、自由がないこと、他人から目標設定を強制されること、多すぎる人々と協力することにあります。大企業の大規模プロジェクトでは、こうした痛みはさらに大きくなります。巨大な機械のネジのような気分です。自分のコードがどのように顧客に役立つのかを実感できず、また、自分がどのような価値を生み出しているのかも実感できません。

対照的に、中小企業や小規模チームでは状況が大きく異なります。全員が緊密に連携し、プロジェクトのあらゆる側面に関与しています。これにより、プログラミングの楽しさやプロジェクト全体に対する自分の重要性を感じやすくなります。私は自律性が高く、機械の一部というよりはむしろ人間のように感じます。

ぶどうは酸っぱくて食べられないという人もいるかもしれません。実際、会社や上司にとっては、人が増えるごとに全体的な生産性が向上する可能性があります。しかし、私のような小兵の場合、チームに人が加わるたびに個人の効率が下がってしまいます。コミュニケーションなど些細なことが増えて仕事に集中できない。

もちろん、大企業の価値を否定しているわけではありません。マイクロソフトで働いていた当時、私は多くの貴重な知識と経験を学びました。大企業には、完全な研修システムと幅広い開発スペースがあり、職場に初めて入社する人にとっては、確かに優れた学習プラットフォームです。しかし、私のように仕事や生活に楽しさを追求したい人にとっては、大企業は最適な選択ではないかもしれません。

最後に、私が言いたいのは、『The Mythical Man-Month』という本は、ソフトウェア開発やエンジニアリング管理を啓発するだけでなく、チームのコラボレーション、時間管理、個人の能力開発についての理解についても深い洞察を与えてくれるということです。これらのトピックに興味がある場合は、この本を読むとよいでしょう。

現在評価されていません

コメント


現在コメントはありません

コメントする前にログインしてください: ログイン

最近の投稿

アーカイブ

2024
2023
2022
2021
2020

カテゴリー

タグ

著者

フィード

RSS / 原子