【李紫蘭氏】チェーンレストラン投資キャリアまとめ|中華鍋を置いてプログラミングを始めよう

(0 のコメント)

ケータリング投資の裏にあるストーリーと考え方: テクノロジー人材からケータリング投資家への変革

皆さんこんにちは、私の名前は李紫蘭です。今日は、皆さんがあまり馴染みのない人物、テクノロジー関係者から見たケータリング投資家についてお話したいと思います。

ケータリング投資への初の試み

私がテクノロジー業界の実務家であることは多くの人が知っていますが、近年私がいくつかのレストランチェーン企業への投資にも参加していることはご存知ないかもしれません。プロジェクト開発の観点から見ると、私たちの投資は非常に成功しています。創業当初は1、2店舗だった頃から数多くのプロジェクトに携わり、今では数百店舗を擁する企業に成長し、市場である程度の知名度と影響力を持っています。

ケータリングへの投資のロジック

なぜテクノロジー関係者はケータリング業界への投資を選ぶのでしょうか?この背後にはいくつかの重要なロジックがあります。

まず、中国の外食チェーン率はアメリカや日本などの先進国に比べてかなり低いですが、中国の経済が発展するにつれてこの率は確実に上がっていくと思います。第二に、ケータリング業界は景気循環の影響が少ないため、景気が良くても悪くても、人々は食事をする必要があるため、ケータリングへの投資は優れたリスクヘッジ手段となります。さらに、ケータリング業界には巨大な市場と多数の下位部門があり、投資家に豊富な機会を提供しています。

ケータリング投資に関する課題と反省

しかし、飲食店への投資は必ずしも順風満帆とは限りません。レストラン業界での成功は、明確な思考と計画のみに依存しているわけではないことに気づきました。多くの場合、プロジェクトの明確な計画があっても、実行プロセス中のさまざまな要因が最終結果に影響を与える可能性があります。さらに、ケータリング業界の撤退メカニズムは比較的複雑であり、これも投資家が考慮する必要がある重要な問題です。

生活のメインラインを明確にする

ここ数年の投資経験を経て、私は自分の人生の本線、つまりAIロボットとブレイン・コンピューター・インターフェースについてより明確になりました。これらの話題について話すときはいつも、興奮と熱意で満たされているように感じます。本当に好きなことをしてこそ、本当の充実感を得られるのだと実感しました。

起業家精神と投資のバランスをとる

過去 2 年間、私は起業家と投資家の間で揺れ動いてきました。しかし、慎重に検討した結果、起業家になることが私の主な専門分野であると判断しました。投資に興味がなくなったわけではありませんが、自分が情熱を注げることにもっと集中して、可能な限りオッズに影響を与えたいと思っています。

結論

過去を振り返ると、ケータリング投資の分野での試みと経験に感謝しています。これらの経験により、自分の方向性と目標がより明確になりました。今後はAIの本業に全力で取り組み、世の中にさらなるイノベーションと変化をもたらしていきたいと考えています。引き続きのご支援とご注目に感謝いたします。また次回お会いしましょう!

現在評価されていません

コメント


現在コメントはありません

コメントする前にログインしてください: ログイン

最近の投稿

アーカイブ

2024
2023
2022
2021
2020

カテゴリー

タグ

著者

フィード

RSS / 原子